求人

最新の残業などの考え方は企業によって異なる

画像
労働基準法では、1日の勤務時間の上限が決められ、1週間の上限なども決められています。
それを超えると法定労働時間外となり、基本的には勤務はさせられません。
ただ、労働者の代表などと取り決めをすることで、勤務をさせられる場合があります。
その時には時間外給料を支払う必要があります。
通常の時間外労働から、深夜労働などがあります。
求人情報を見るときに気になるのは、残業代などがきちんと支払われているかでしょう。
この辺りは企業によって考えが異なることもあり、注意が必要になります。
みなし労働時間制は、所定労働時間労働したことをみなす制度です。
営業職やデザイナーなど一概に労働時間を決められない人、役職者などに該当する人などに設定されます。
時間外労働をしていても、所定労働時間労働をしているとみなされれば、時間外給料が支払われない場合があります。
自分自身がどんな役割でその会社に入るのかなどを考える必要があります。
店長候補などだと注意が必要になります。

最新の

画像